世界のスポーツと日本を繋ぐ「接点」。
新たなスポーツビジネス確立に、settenn会員網を活用。

ワールドスポーツコミュニティ株式会社
代表取締役社長 衞藤 未来人
世界中のスポーツ観戦チケットの手配や、世界で開催されているスポーツイベントのエントリーサポートなど、観戦・参加を軸にスポーツファンにサービスを提供するワールドスポーツコミュニティ株式会社(日本支社:愛知県)。 スポーツのジャンル問わず、世界中の有名クラブチームとオフィシャルパートナーシップを結び、世界のスポーツと日本のファンを繋ぐ架け橋になっています。また、FCバルセロナが本拠地とする「カンプ・ノウ」、 NYヤンキースが本拠地とする「ヤンキー・スタジアム」などを活用したスポーツウェディングという新しいジャンルの確立にもチャレンジ。settennを通して、スポーツビジネスの発展に力を入れております。 ホームページはhttp://wsc-hd.com

マインツ05、アトレティコ・マドリード、VfLヴォルフスブルク…。名だたるチームとのパートナーシップ。

 世界中のスポーツを通じて、すべてのスポーツファンに喜びと感動を提供することを経営理念としています。事業としては、海外スポーツの観戦チケットの手配、マラソンなどスポーツイベントやF1ドライバー体験のエントリーサポート、各種スポーツのトライアウト(プロテスト)を受けるためのサポートや海外スポーツクラブのビジネスを体験できるプランなどです。

 チケットの手配やエントリーは、あらゆる種類が可能です。サッカーではプレミアリーグやセリエA、リーガエスパニョーラ、ブンデスリーガなど。北米4大スポーツ(MLB, NBA, NFL, NHL)、ウィンブルドンテニスなどのテニスグランドスラム、マスターズなどのゴルフメジャートーナメント、凱旋門賞などの競馬、フィギュアスケートや世界陸上など、どんなジャンルでも対応します。

 お客様にとっては、マインツ05やアトレティコ・マドリード、VfLヴォルフスブルクなどビックチームとオフィシャルパートナーシップを結んでいることがメリットになっています。海外スポーツのチケット手配会社というのは、なんとなく怪しげで信頼できないイメージを持たれている方が多いようなのですが、弊社はクラブチームからチケットが直接仕入れることができるので、その点では安心していただいております。

 現在、様々なチームとパートナーシップを結んでいますが、創業当初は特にコネクションもなく、プロスポーツ選手だったわけでもないので、業界に知り合いがいるということもなく、ましてや相手は海外。手探りから始まりました。

 まったくのゼロの状態から、活動ができたのは「スポーツファンに感動を与える仕事をしたい」という想いだけでした。その想いに突き動かされ、行動してきた結果が今の礎になっていると思います。

 チケットを手配するにも、チームとのコネクションがないので、直接チームにメールして交渉。始まりはそこからでした。ビッグチームとメール一通から交渉できるとは誰も思いつかないかと思いますが、私は実際にやりました。アメリカのバスケットチームには、現地のチームに突撃訪問して、パートナーとなっていただくきっかけを作りました。

 そのように地道にパートナーチームを開拓し、スポーツに関連する複合サービスを提供できる会社に成長してきました。新たに力を入れているのは「スポーツキャリア育成事業」と「スポーツウェディング事業」です。

 日本では、アマチュアスポーツの選手がプレーをしながら生計を立てることが難しいのが現実です。でも、夢を持って頑張っているスポーツ選手はいます。弊社は、アマチュアスポーツを「プロ」にする、日本唯一のビジネスモデルを確立すべく「スポーツキャリア育成事業」を立ち上げました。

 まず第一弾として、プロチアダンスユニット「LOICX GIRLS☆」を結成。チアダンスの競技人口は非常に多いのですが、チアリーダとして活躍ができるのはプロ野球チームやアメリカンフットボール、バスケットボールなどのチームに所属している僅かなダンサーだけです。その中にチアダンスだけで生活ができるダンサーはいません。チアダンスのプロ化に向けた新しい道筋を作るのが目標です。

 「スポーツウェディング事業」は、世界中のスポーツスタジアムでウェディングを挙げるサービスです。例えば、FCバルセロナの本拠地「カンプ・ノウ」での挙式や、よりリーズナブルで実施できるカンプノウフォトウェディングプランなど、サッカーファンの憧れの地で結婚式を行うという、日本初の試みです。

「顧客」と「パートナー」、2パターンで協力を得られる。


 settennという仕組みを、ビジネスを通して活用する時、2パターンの方法があると思います。settennで出会うのは経営者でもありますし、普段は生活者・消費者でもあります。その2面性の観点から見れば、弊社のサービスを利用してくださる「お客様」でもありますし、コラボを組める「パートナー」でもあります。

 「お客様」の観点から言いますと、チケット手配のサービスで繋がることが多いですね。スポーツが好きな経営者はもちろん多いですから、お役に立てます。2015年9月には、ラグビーのワールドカップがイギリスで開催されます。三反田社長やsettennのメンバーが観戦されたいとのご依頼を受けて、それに合わせてサッカーセリエAの試合のチケットとラグビーワールドカップのチケットを手配いたしました。

 settenn交流会の会場や三反田社長からのご紹介で会った方々には、弊社のサービスに興味をもってくださっております。「お客様」として繋がっていただけるので、settennは顧客開拓という意味で活用させていただいております。

 そして、「パートナー」という観点。上述の通り、海外スポーツに関する複合的なサービスを提供するのが弊社のビジネスです。ビジネスの幅が広がったことで、弊社では経験値が少ない業務もありまして、そこをフォローアップしてくださるパートナー企業の存在が重要になってきております。特に、スポーツウェディング事業では、ウェディングプランナーやホテル、旅行代理店などの協力がないと成り立ちません。

チアの全国行脚をsettenn会員網に乗っける。

 プロチアダンスユニット「LOICX GIRLS☆」の活動を今以上に全国に広めていきたいと考えております。世界のチームと繋がりのあるのが弊社の強みで、日本初となるダンスチームとしてNBA公式戦でのパフォーマンスを実現しました。ですが、チアとして確固たる収益を得られる仕組みはまだ構築できておりません。

 彼女たちの認知度を高めることが最優先事項です。今年もアメリカでパフォーマンスをする準備をしていますが、日本全国を巡って、スポーツイベントや試合などに参加して、「アマチュアスポーツを『プロ』にする」という目標を知ってもらいたいと思っています。

 とはいっても、訪問できるようなアテが全国に揃っているわけではありません。そこで頼りになりそうなのが settenn の会員網。チアダンスを披露するのは、スポーツに関連した場面だけでなくてもいいのです。企業が集まるイベントや自治体の祭りなど。2014年の settenn の忘年会にも招待していただき、ダンスを披露しました。

 北は北海道から南は沖縄、そして海外…。 settenn には多様なジャンルの企業が加盟しているので、活動できるタイミングは多いと感じています。「まずは認知度アップ」を目標に、出演料(ギャラ)をしばらくは頂かない方針です。

 結成して2年が経過し、認知度が低いながらも、LOICX GIRLS☆の理念に共感してくださるスポンサー企業様も増えています。アマチュアと変わらないようなチアチームにこれだけ多くのスポンサー様が集まるのも稀でしょう。

 活動資金、シューズ、バッグ、ウェア、サプリメント、トレーニング、美容、飲料、Wi-Fi 、旅行…。私たちはスポンサー様のおかげで活動できていると言っても過言ではありません。

 今後も理念に共感してくださる企業様と共にさらに大きな夢に向かって挑戦し続けて行きたいと思っています。

 チアダンスは、どんなスポーツの応援にも、イベントにもマッチできるのが強みです。彼女たちは幼いころから練習に打ち込んできてもプロにはなれず、出口の見えない辛さがあります。「アマ」だから生計が立たないスポーツは他にもあります。弊社はアマをプロにする日本唯一のビジネスモデルの確立を目指しています。その第一歩が「LOICX GIRLS☆」。彼女らの全国行脚をサポートしていただけると助かります。
会員番号 ST-
パスワード
ID/パスワードをお忘れの方はこちら
NEWS